人生経験を積もう!

人生経験は自己形成に繋がる

今までの経験が自己形成に繋がる

自分という人間はどのように作られたか説明できるでしょうか。自己形成の元になっているのは、自分という人間そのものというよりも、それまでに歩んだ人生で得た人生経験が基になっています。どのような人生経験が自己形成に重要かを知っておきましょう。また人生経験が豊富になると、どのようなメリットがあるのか、周囲の人にどのようなポジティブな影響を与えられるようになるかを知っておきましょう。逆に周囲の人からどのようなインパクトを受けて人生に影響を与えるかについても知っておきましょう。

  • どういった経験が影響を及ぼすのか?

    自己形成に大きな影響を与える4つの人生経験があります。まず親から与えられる経験は、自己の中心的な要素を作ります。例えば音楽好きの家庭に育った子どもは音楽好きだったり、教師の子どもが教師になることなどはよくあることです。小さな頃の経験も自己形成の大枠を作ります。小さな頃に人間関係が上手くいかなかった子どもは、大人になってもそのコアな体験を引き摺って生きていきます。その他にもネガティブな体験や成功体験が自己形成に大きな影響を与えます。

    つづきへ

  • 人生経験が豊富だと他人に優しくなれる

    他人に優しくできる人は、傷ついた人や落ち込んでいる人の心理状態を理解できる人です。理解できるから他人に適切な行動を取ることができて、その結果「優しい人」と言われるようになります。つまり優しい人になるためには人生経験が必要です。ポジティブな経験もそうですが、特にネガティブな経験をたくさんして乗り越えてきた人ほど、他人に優しくなることができます。辛い思いをしている人の内面をリアルにイメージできるため、優しいと思われるような適切な言動をすることができるのです。

    つづきへ

  • 周囲の人間が人生を変える

    自分の周囲の人たちの考えが、自分の考え方に強い影響を与えます。人間には「共感」という能力があります。周囲の人の考え方にできるだけ同調したいと思う気持ちがあり、また共感してもらいたいという強い願望があります。ポジティブな影響を受けて自分が良い方向に変化することもあれば、ネガティブな影響を受けることもあります。自分が人間関係に恵まれていないと感じたら早い段階でその場を立ち去ったほうが良いかもしれません。その時は、転職をするなど思い切った行動が必要になるかもしれません。

    つづきへ

TOP